千葉市
文字サイズ

臨床検査技師

採用サイト募集職種臨床検査技師

臨床検査技師

基本⽅針

  • 私たちは他部⾨との連携を密に保ち、質の⾼い検査データの提供に努めます。
  • 研修会や学会などに積極的に参加し、常に最新の医学検査情報の習得および提供に努めます。
  • 内部検査および外部委託検査のデータ精度の確保に努めます。

臨床検査科技師⻑の挨拶

ジェネラリストを⽬指す⼈にも、スペシャリストを⽬指す⼈にも。

臨床検査科で掲げている⽬標は以下の三つです。

  1. 迅速で正確な検査結果と質の⾼い医療を提供しよう!
  2. 個々のスキルを高め業務範囲を広げよう!
  3. 積極的に病院の外に出よう!

⻘葉病院の臨床検査科は、⽣化学/免疫・⾎液・輸⾎・微⽣物・病理・⽣理・外来採⾎部⾨の7部門分かれて業務を行っており、全て病院の職員が従事しているため、全分野に関わることができます。まさにジェネラリストを⽬指す環境は整っています。

⼀⽅、各部⾨には認定資格を持つエキスパ-トが複数従事しているため、スペシャリストを⽬指す⽅にとっても個々のスキルをあげるには良い環境が整っています。また、部⾨間のロ-テ-ションも積極的に取り組んでおり、ひとつの分野だけでなく、複数の分野をこなせる臨床検査技師の育成にも取り組んでいます。

当病院の臨床検査科の魅⼒は、⽐較的若い技師が多く、職員同⼠のコミュニケ-ションも良好で、意⾒の⾔いやすい、働きやすい職場環境です。お互いを尊重し、⼀致団結 One Team で協⼒体制を図ることができる部分も強みです。部⾨間の情報共有も活発で質の⾼い医療を提供しています。また、⼆級試験や認定資格取得者が多いこともプチ⾃慢ポイントです。資格を取得しようとする意欲が⾼い技師が多く、取得に際し費用の補助も行っており、検査科の「良き⽂化」として受け継がれています。

病院の外に出よう!とは、まさに井の中の蛙にならずに、外の世界を知ろうということです。技師会の役員を行っている者も複数おり、他の病院の状況を知る良い機会になっています。個人的には一般企業の様子も窺う機会を設けたいと思っています。

今医療界では、タスクシフト/シェアを推進しようとしています。臨床検査技師は大人しい人が多く検査室の外に出るのが苦手かもしれませんが、他職種との協働作業は不可欠です。当検査科でも協調性があり、常に向学心を持ち、前向きに業務に取り組む皆さんをお待ちしています!

「この検査科で働きたい」と思った⽅々を歓迎します! どしどし御応募下さい。⼀緒にこの⻘葉病院で働きましょう!

臨床検査科 技師⻑
矢萩 直樹

診療内容

外来採⾎

採⾎室では検査に必要な⾎液の採取や採尿を⾏っています。
患者さんの取り違え防⽌には整理券を発⾏し事故を未然に防ぐ対応を取り、採⾎管の取り違えの防⽌には⾃動採⾎管準備システムを導⼊しています。

検体検査

【⽣化学検査】
肝機能、腎機能、筋疾患、膵疾患、糖尿病、⾼脂⾎症、電解質異常などを測定しています。
診療前検査、緊急検査に対応すべく、検体投⼊から結果報告まで⾃動化し、精度を維持しつつ迅速化に努⼒しています。また、簡便で機動性ある⼩型分析装置を⽤いることにより夜間・休⽇時の緊急検査に対応しています。

⾃動分析装置
検体⾃動分注システム

【免疫検査】
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の抗原や抗体の測定や免疫抑制剤、気管⽀拡張剤、抗てんかん剤、強⼼剤の⾎中濃度の測定、胎盤ホルモン検査などを⾏っています。

免疫検査

【⾎液検査】
分析装置で⾚⾎球、⽩⾎球、⾎⼩板などの数を測定しています。また、これらを顕微鏡で観察し、さらに詳しい分類をしています。

【⼀般検査】
尿検査は試験紙を使った分析装置で糖、蛋⽩、潜⾎など10項⽬を測定しています。また、⾃動分析で⾚⾎球、⽩⾎球、上⽪細胞などを観察しています。その他、便潜⾎反応(便中の⾎液)や寄⽣⾍卵の有無などを調べています。

輸⾎検査

⾎液型などの輸⾎に関連する検査や輸⾎⽤⾎液製剤の供給および保管管理を⾏っています。輸⾎の事故を防ぐため全⾃動検査機器、輸⾎管理システム導⼊により24時間安全な⾎液製剤が供給できる体制を整えています。

全⾃動輸⾎検査装置
⾎液製剤

微⽣物検査

手術の際の出血に対し予めご自身の血液を採取し貯えておく自己血輸血や白血病など血液疾患の治療に対して行われる骨髄移植、末梢血造血幹細胞移植の採取、保存、検査を行う部門です。

微⽣物検査

感染症は細菌・ウイルスなど種々の微⽣物によって引き起こされます。微⽣物検査室では、検査材料を顕微鏡で直接観察したり、培養検査を⾏って感染症の原因微⽣物を検出します。また感染症原因微⽣物がどのような抗菌薬に効くかも調べています。さらには、感染症の原因菌を早期に決定して適切な治療をするために、緊急塗抹検査の実施、迅速ウイルス抗原検査や⾃動機器を⽤いて迅速な検査に努めています。

微生物検査室の紹介

バイオハザード
安全キャビネット
細菌同定システム
血液培養装置

病理・細胞診検査

細胞診検査は各種臓器から採取された細胞を顕微鏡にて検査し、良・悪性の判定を行い、癌の早期発見に努めています。

子宮癌の細胞像
乳癌の細胞像

病理検査は手術や内視鏡で摘出された臓器を標本にして確定診断を行います。もしも悪性であった場合はその種類や広がりなどを検査しています。

胃癌の組織像
卵巣癌の組織像

生理機能検査

生理検査室では、心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査、睡眠時無呼吸検査等を行っています。また、超音波検査(消化器、心臓、血管等)を、各科医師と協力して行っております。

心電図
脳波
超音波画像(乳腺腫瘍)
超音波画像(胆石)
超音波画像(心臓弁膜症)

診療スタッフ

人員構成

技師長 矢萩 直樹
臨床検査技師 34名(正規職員26名 会計年度職員8名)
看護師 6名(会計年度職員)

資格 人数

認定輸血検査技師

3名

細胞治療認定管理師

3名

認定一般検査技師

1名

認定臨床微生物検査技師

1名

感染制御認定臨床微生物検査技師

1名

認定血液検査技師

1名

骨髄検査技師

1名

超音波検査士(循環器)

6名

超音波検査士(消化器)

5名

超音波検査士(表在臓器)

1名

細胞検査士

4名

国際細胞検査士

1名

緊急検査士

6名

二級臨床検査師(血液学)

4名

二級臨床検査師(病理学)

3名

二級臨床検査師(微生物学)

3名

二級臨床検査師(血清学)

3名

二級臨床検査師(循環生理学)

2名

二級臨床検査師(臨床化学)

1名

臨床工学技士

1名

健康食品管理師

1名

医療安全管理者

1名

医療対話推進者

1名

臨床検査技師の募集要項

非常勤

募集件名

千葉市立青葉病院 
臨床検査技師

職種

臨床検査技師

任用形態

会計年度任用職員

募集期間

2024年1月17日(水曜日)~2024年1月31日(水曜日)
(採用予定人数に達し次第、募集を終了します。)

勤務場所

千葉市立青葉病院
〒260-0852
千葉市中央区青葉町1273-2
(JR千葉駅よりバス約20分、JR蘇我駅よりバス約20分、京成電鉄千葉寺駅より徒歩約20分)

業務内容 臨床検査科における各種検査業務
任用期間

2024年4月1日~2025年3月31日
※勤務実績、正規職員の配置状況等により更新あり

条件付採用期間

採用後1月
(ただし、採用後1月間において実際に勤務した日数が15日に満たない場合は、15日に達するまで(最長で任用期間の末日まで)の間)

勤務時間等

8時30分~17時00分の間
週5日以内及び週35時間程度
※勤務時間・日数応相談

休憩時間

60分

時間外勤務の有無 有り得る
週休日等

週休日:勤務を割り振られた日以外
休 日:祝日法による休日、年末年始の休日(12月29日から翌年の1月3日までの日(週休日を除く。)

給料・報酬等

(週35時間勤務の場合・地域手当含む)
月額186,967円~265,493円
年収2,547,424円~3,667,341円
※ 週の勤務時間数及び学歴・職歴によって、金額が異なります。

期末手当の有無 本市条例等で規定する要件に該当する場合は支給することがある。
通勤手当 定期券、回数券等により、実費相当額を支給
加入保険等

健康保険、厚生年金保険、雇用保険(それぞれ要件を満たす場合)
公務災害等:労働者災害補償保険法に定めるところにより補償する。

服務

地方公務員法上の服務に関する規定(服務の宣誓、法令等及び上司の職務上の命令に従う義務、信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、職務に専念する義務、政治的行為の制限、争議行為等の禁止等)が適用されるとともに、懲戒処分等の対象となります。

必要な資格・免許・経歴等 臨床検査技師免許(病院等での当該業務経験者優遇)
採用予定人数 若干名
応募方法

下記採用担当課まで電話連絡の上、「履歴書」(Word)、資格免許証の写しを送付または持参してください。書類審査後、日程調整の上で面接を行います。

選考方法 書類(履歴書)審査・面接
採用担当課 千葉市立青葉病院 事務局 総務班
連絡先 043-227-1131(内線3125)
受付時間:平日9時00分~17時00分
千葉市立青葉病院
〒260-0852 千葉市中央区青葉町1273-2
電話番号:043-227-1131(代表)
FAX:043-227-2022
千葉市立青葉病院の本サイトへ